二期リゾート

お世話になりました皆さまへ

梅雨空も遠くなり、濃い木々の緑が美しい季節となりました。二期倶楽部の庭内では、少しずつ蛍が飛ぶ姿も見られるようになりました。本格的な夏の到来も間近です。
二期倶楽部はお陰様で創業30 周年を無事迎えることができました。これも一重に皆さまの二期倶楽部への多大なお力添えの賜物と、心より感謝申し上げます。
さて、既に二期倶楽部ホームページでお知らせいたしましたように、二期倶楽部の一般予約受付につきましては、2017年8 月末日で一旦終了させていただいております。また、現在の敷地・建物での二期倶楽部の営業は年内を以て終了することとなりました。その後の運営主体、内容につきましてはまだ弊社では確認できておりません。
9 月以降の営業と最終営業日につきましては、決定次第改めてホームページ等でご案内させていただきます。残念ではございますが、ご理解いただきたくお願い申し上げる次第です。

はじめて那須横沢の地を訪れた時、広い台地は篠に覆われ街灯も殆どない大変寂しい場所でした。高速インターから10数キロ離れアクセスも悪いここ横沢は、それでも渓流のせせらぎが優しく、雑木林の美しい独特な場所に感動したことは今でもはっきりと思い出します。ぽっかりと残されたヒューマンサイズのこの自然は、私たちが創る「二期倶楽部」の源泉です。
これまで多くのデザイナーや文化人の智慧を導入しながら運営してきた二期倶楽部は、まさに私の“手縫い仕事” です。これからも慈しんできた一木一草の庭や建築、これらが時を経て更に、味わいを増していく今後の姿に期待しています。この地で共に過ごしたゲストとの時間、共に働いてきた仲間たちの時間の記憶と共に、皆さまに見守っていただけると幸いです。

良いリゾートには美味しい食を楽しむレストランがあり、簡素でも清潔な寝具が用意されたホテルがあり、その上芸術文化を楽しめる施設が併設されている。そして、そこに良い人々が集い、共に味わい人生を愉しむ。そうした 「アートコロニー=美しい村」をめざして歩んできた那須の自然と大地への想いはかわることはありません。那須・横沢での「二期倶楽部」の営業は、一旦終了するものの「二期倶楽部」の運営を通じて、この地で深めてきた思想や技術をもとにこれから隣接する「アート・ビオトープ」を運営していくつもりです。
既に「庭」づくりがスタートしています。「アート・ビオトープ」はガラス・陶芸スタジオを備えた現在の施設に加え、建築家石上純也によるボタニカルファーム「水庭」( 2017 年秋完成予定)、2019 年には建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞を受賞した日本を代表する建築家の一人である坂茂によるスイートヴィラなど、「ボタニカルファームガーデン アートビオトープ」のグランドオープンに向けて鋭意準備を進めています。
30 年の日々に思いを深めつつ日頃お付き合いいただいております皆さまにこのようなご連絡を差し上げますのは大変心苦しく残念なことでございますが、これまでのご愛顧を重ねてお礼申し上げますと共に、今後も運営中の「アート・ビオトープ」レジデンスはじめ、各関連施設にお力添えいただけますよう慎んでお願い申し上げます。
末筆となりますが時節柄お身体ご自愛くださいますよう益々のご健勝をお祈り申し上げます。


2017年7月

株式会社 二期リゾート
代表取締役社長 北山 ひとみ