凍ったししおどし

連日の寒さで本館のお部屋「撫子」前にあるししおどしが凍りつき、

ついに竹筒が上がったままになってしまいました。

実はまだこちらは序の口で、2月になると、


竹筒もそこから滴る水も水を受ける

蹲(つくばい)もすべてが凍りついた光景が見られます。

春に暖かくなるまで、ししおどしの音はおあずけとなります。


森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

このブログ記事について

このページは、webmasterが2014年1月17日 16:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツリーハウスにあったお土産」です。

次のブログ記事は「カマキリの卵」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。