Archive

November 2012

大量のモグラ塚

最近、二期倶楽部の敷地のあちこちでモグラ塚
(もぐらが掘った土を地表に出した場所)が見られるようになりました。

森に限らず、ハーブガーデンの中でも穴を掘る始末です。

二會川のほとりで、まとまった場所にたくさんのモグラ塚があるのを発見いたしました。
モグラがどのような進行ルートを通ったかがはっきりわかります。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

アキノキリンソウ [秋の麒麟草]

厳しい寒さの中でも、ダイモンジソウ、リンドウ、野菊類、アキノキリンソウなどが辛うじて咲いています。

それらの花も、順次終わりの時期を迎えています。

アキノキリンソウは茎もすっかり色が抜けて白くなり、
綿毛のついた種を冬の風に乗せて飛ばしていました。

二期の森では、花はしばらくお預けです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ゲンノショウコ [現の証拠]

木の葉の紅葉はすっかりなくなりましたが、
足元にまだ鮮やかな色彩が残っていました。

この葉はゲンノショウコ。

木ではないので「草紅葉(くさもみじ)」です。
有名な薬草としても有名ですが、枯れる前に美しい姿も見せてくれました。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

カモミール

厳しい寒さで、朝に布団から出るのが億劫な日々が続いています。
ハーブガーデンのハウスも、最近は二重にビニールを下ろし、
夜の間には上部に寒冷紗を張るようにいたしました。

そんな寒さの中、ハウスの外にもかかわらず、
今年の夏にこぼれたカモミールの種からたくさんの芽が出てきました。

この調子だと来年もカモミールのお花畑が見られそうです。今から半年後がとても楽しみです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

スイカズラ [吸い葛]

常緑のつる植物で、冬を耐え忍ぶということから
「忍冬(にんどう)」の別名を持ちます。

本種を焼酎につけるなどした「忍冬酒」(作り方、使用部位などは諸説あります)は
長寿をもたらすといういわれがあります。

「忍冬(にんどう)」、「冬青(そよご)」「富貴草(ふっきそう)」など、
常緑の葉に由来する植物の名前は多いですね。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

コゲラ [小啄木鳥]

葉がほとんどなくなった二期の森は、バードウォッチングに最適な環境となりました。
遮るものがないので、枝に止まっている野鳥の姿がよく見えます。

写真が遠くてわかりづらいのですが、中心にコゲラの姿を撮影することができました。

コゲラはキツツキの中まで一番体が小さいです。
餌を探して木をコツコツ叩く音と、
扉が軋むような「ギィー」という鳴き声が聞こえたら、
周りにきっとコゲラがいます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

クルミ置き作業

森の中の葉がすっかり落ち、山の雪が風に乗って飛んでくるなど、
季節はすっかり冬に入った感がいたします。

今年も、定位置にクルミを置く作業を始めました。
この目的は、ゲストがリスに会える確率を上げることです。

今年のクルミは未熟なうちに落ちてしまい、
中の詰まった身がほとんど拾えなかったため、
昨年のストックを使用しています。

写真はツリーハウスの下に置いたクルミです。
表面には置いた日の日付を書いてあります。

他に木彫りのリスの下にも置きました。

今後も定期的にクルミを追加していきます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ハイビャクシン [這柏槙]

グラウンドカバーとしてよく利用される木で、
二期倶楽部でも、本館、東館周辺でよく見られます。

同じ木から出ているのに、雰囲気の違う二種類の枝があります。

右のような鱗片葉(鱗状の葉)に包まれた枝が本来の姿なのですが、
剪定などが原因で、原種の姿である針葉(トゲトゲした葉)に包まれた枝が出きます。
この現象は「先祖がえり」と呼ばれます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

オオバジャノヒゲ [大葉蛇の髭]

ヤブランの近縁種で、葉も実もそっくりです。

「ジャノヒゲ」は実の皮が鮮やかな青なのですが、
本種の「オオバジャノヒゲ」はグレーです。

ヤブランと同じように根が生薬として利用され、種子も弾みます。

ちなみに、「ジャノヒゲ」の別名は「リュウノヒゲ」。
となりのトトロで、トトロのお土産を縛っていた草です。
一度映画のセリフをよく聞いてみてください。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ヤブラン [藪蘭]

名前に「蘭」とありますが、ユリ科の植物です。
根の肥大部分は生薬で、大葉麦門冬「だいようばくもんどう」と呼ばれます。
咳止め、痰切りなどに効果があります。

今時期は真っ黒な実をつけています。果実ではなく種子です。

外側の種皮をはがすと、中から白い部分(胚乳と胚)が出てきます。
こちらは弾力性があるため、
床に叩きつけるとまるでスーパーボールのように弾みます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ギシギシ [羊蹄]

名前の由来は諸説あり定かではありませんが、
一説には、花穂を擦り取ろうとすると「ギシギシ」音がなるのが由来だそうです。

根を乾燥したものは生薬で、羊蹄根(ようていこん)といい、便秘、高血圧、動脈硬化などに効果があります。

冬でも緑色の葉を持つ植物の中で比較的大きな葉を持っているので、
冬期の二期のレストランでは、料理の下に敷く葉として利用されています。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

オトコヨウゾメ [男ようぞめ]

二期の森では、日陰でもほとんどの紅葉は散ってしまいました。
辛うじて、地表付近ではこのオトコヨウゾメが赤く紅葉しています。

私が大学時代所属していた農学部森林科学科の授業で、
樹木の標本を200種作製する授業がありました。

その中でも、このオトコヨウゾメは標本にして葉が乾燥すると、
真っ黒に変色するので、印象深かった植物です。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

クチナシの実

キッチンガーデンで、クチナシの実が黄色く熟し始めました。

クチナシの実は、栗きんとんの色付けにも使われる重要な天然着色料です。
名前は、果実が熟しても割れない(=口が無い)ことからつけられました。

将棋盤の足は、対局中観戦者の助言は不要という意味で、
クチナシの実がかたどられているそうです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

シシガシラ [獅子頭]

寒さの厳しくなってきた二期の森では、
地表の植物の多くは枯れて茶色くなってしまいました。

しかし、コケやアズマネザサ、そしてこのシダ植物の一種のシシガシラは
元気に緑色を保っています。

名前は、葉を獅子舞のたてがみに見立てたのが由来です。

冬は寒さを避け、太陽の光をたくさん浴びるために葉が地表にへばりついていますが、
春先になると新芽が中心から立ち上がってきます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

薄氷

霜柱に加え、本館6部屋の前の池に薄氷が張りました。
池に落ちた色とりどりの紅葉も氷づけになっています。

今回は強く押すとすぐ割る程度の薄さでしたが、これからどんどん厚さが増していきます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

霜柱

本日の朝は今年一番の冷え込みで、二期の森でも初めて霜柱ができました。
朝の散策でもお客様と一緒に踏んでみました。シャリシャリと音がし、冬が来たのを感じました。

キッチンガーデンでは、外の畑では、まだナスが植えてあったのですが、
今回の寒さで、すっかり葉が茶色く変色してしまいました。

白菜や大根などの冬野菜たちは今でも元気に葉を広げています。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

落ち葉

一昨日の夜はかなりの強風が吹きました。
この強風で、枝にかろうじてついていた葉がだいぶ飛ばされ、落ち葉の絨毯があちこちにできました。

一昔前の農家の方々は、この落ち葉をきれいに集めて堆肥化し、田んぼや畑に入れていました。
そのおかげで森の地面に光が当たり、背の低い山野草やキノコ類がたくさん収穫できたのです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

時雨(しぐれ)

昨日は朝からぱらぱらと細かい雨粒が降っていました。
傘がいるかいらないか迷う程度の雨で、時折降ったりやんだりしていました。

晩秋から冬の始まりにかけて降るこのような雨(雪)を「時雨(しぐれ)」といいます。
山が時雨れていると、写真のようにもやがかかっているように見えます。
普段見える那須連山は、もやの向こうに隠れています。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

カリン [花梨]

キッチンガーデンの果樹園で、今年はカリンの実がひとつだけなりました。

昨年はカリンの実が大豊作で、大きなかごいっぱいに収穫できたので、
エネルギーを使い果たしたのかもしれません。

昨年焼酎につけて作ったカリン酒がちょうど飲みごろになっています。
アウトドアランチのにお出し致しますので、ぜひご賞味ください。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ジュウガツザクラ [十月桜]

二期倶楽部の敷地では、高いところの葉はだいぶ散ってしまいましたが、
そのおかげで低いところの葉に日が当たり、紅葉のグラデーションが美しいです。

特に本館カフェ前近くの木道脇が最高です。

そんな中、本館池前の道沿いで、ジュウガツザクラの花が咲きました。
鮮やかな色彩の中にひっそり咲いた、淡く優しい桃色の花です。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

干し柿

今年も干し柿づくりのシーズンがやってきました。
カキの数は500個と大量なので、
キッチンガーデン、ラ・ブリーズ、ガーデンレストランのスタッフが協力して皮を剥きました。

 

hoshigakiA5.JPG

 

干し柿用のカキには、枝の部分がT字型に残してあります。
そこをひもで縛り、カビが生えないように熱湯に通して表面の殺菌をし、外に干しました。

今回使用した蜂屋柿はかなり大きく、一つが400~500gもしたので、干されている姿も圧巻です。
一ヶ月ほどで完成となります。

それまでサルや鳥に食べられないよう祈るのみです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

メタセコイア

落葉する樹木であるメタセコイアの紅葉は早く、
あっという間に枯れたような色合いになります。

このメタセコイアは樹形(木の形)が美しいために、
街路樹や公園など都市部でもよく見られます。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

マユミ[真弓]

ピンク色の実がよく目立つのはマユミの木です。
よくしなるこの木は、古くから弓の材料になったため、「真弓」と呼ばれています。
二期の森ではあちこちに生えています。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

二會川に流れる落ち葉

先日の那須は風が強く、まだ木々にしがみつく色付いた葉はだいぶ吹き飛ばされてしまいました。
二期の森を流れる二会川には森の木々で作られた葉がたくさん溜まっています。

 

 

 

渓流に沿って生えているオニイタヤも、すっかり葉がなくなってしまいました。
小さな葉のものを「もみじ」、大きめな葉を「かえで」と呼んでいますが、
このオニイタヤは「かえで」よりもさらに大振りな葉が特徴です。

山間の上流を流れる川は、このような落ち葉以外にも様々な木々の種を流していて、
それらの種が下流で発芽することもあります。川には川の生態系があります。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

紅葉の終わり

本館や東館周辺の紅葉も落ち着き、森の木々の紅葉が最盛期です。
写真はオオモミジ、陽にあたり美しい色合いを楽しめます。

 

20121113.JPG 

 

高木層であるコナラの木々は紅葉していますが、
陽のあたり具合によっては写真のように、まるで枯れているような様相です。

二期の森には四季があり、気温が極端に低下する冬に備えて植物の葉は時には紅葉を伴い落葉します。
熱帯など雨季と乾季のあるような地域では、水分を保持するのが難しい乾季に合わせて落葉していきます。
また温帯の常緑樹はまとめて葉を落とす必要がないので、2年程度使った葉から順次更新させています。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

モッコクの実

赤くなっていたモッコクの実がやっと開きました。

毎回この木の横を通るたびに見ていましたが、
今回、ちょうど大きく割れて中の種子が顔を出しているのが確認できました。

初雪は11月中に降ることもあるので、
赤い実、常緑の葉に白い雪のセットで、クリスマスカラーが見られるかもしれません。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ムラサキシキブ [紫式部] 

かろうじて一粒だけ残っていたムラサキシキブの実です。

もとは「ムラサキシキミ」(シキミとはたくさん実がなるという意味)と呼ばれていたようですが、
その名が平安時代の女流作家の紫式部を思わせるため、
いつからか「ムラサキシキブ」と呼ばれるようになったそうです。

家の庭先などにある園芸種ですと、もっと濃い色で粒もたくさん付いていますが、
野生種は色が薄めで粒も少なめです。


森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

キチョウ [黄蝶]

キッチンガーデンのハウス内で、キチョウがミントの花の蜜を吸っていました。
鮮やかな黄色で、まるで、周りの紅葉の一葉が舞い降りてきたようです。

キチョウの羽の模様は夏型と秋型があり、
夏型は羽のまわりに黒い縁取りが見られますが、
秋にはそれがほとんどなくなり、斑点模様が目立つようになります。

これから那須は厳しい冬に入りますが、キチョウは成虫の姿まま越冬します。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

那須連山にかかる虹

ここ数日間、那須連山に虹がかかる日が続いています。

二期倶楽部周辺で雨上がりというわけではなく、山の方で雨が降っているのが原因のようです。
二期倶楽部の方にも、霧のような雨が飛んできていますが、ほとんど傘はいらないくらいです。

紅葉と虹とで、那須周辺は色鮮やかです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ウリハダカエデ [瓜肌楓]

 

urihadakaedeA4.JPG

 

森の紅葉が最盛期で、今はどの方向を見てもきれいです。

こちらもカエデらしくないカエデの一種、ウリハダカエデです。
樹皮がマクワウリに似ていることからこの名があります。

黄色から朱色のグラデーションとなり、優しい感じの紅葉です。
二期倶楽部の敷地内では、東館の駐車場前の林、
キッチンガーデンの池周辺などで見られます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

スギ(球果)[杉]

スギは、ヒノキと見分けることが困難です。
しかし、葉と写真のような葉の先の茶色に熟した球果で見分けられます。

球果は、丸く見えますが、近くで見ますと、「トゲトゲ」としているのが特徴です。
本館から東館に向かう橋にかけて生えていますので、御覧下さい。

森のコンシェルジュ 横塚 久美

ジョロウグモ [女郎蜘蛛]

アートビオトープの坂の上の砂利の駐車場で、
ジョロウグモを発見しました。

秋になりますと、大きな巣の中心に
黒と黄色のシマシマが特徴のジョロウグモが多く見ることが出来ます。
しかし、毒を持っていますので、発見した際は、気をつけて下さい。

毒もあり不気味に思いますが、
名前の由来は、「上﨟(じょうろう):身分の高い女官」とも云われているんですよ。

森のコンシェルジュ 横塚 久美

照葉(てりは)

本館や東館、森の中も、鮮やかな赤や黄色で彩られ、まるで燃えているようです。

このように、紅葉が美しく照り輝くことを、日本語では「照葉(てりは)」と表現します。
いい響きの言葉ですね。

写真はテニスコート横のオオモミジです。

森の中はまだ紅葉の本番ですが、本館や東館の周辺では、
木の上の方の葉が散り始めてきました。

名残惜しいですが、秋は刻々と過ぎ去りつつあります。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

落ち葉

那須連山からの強い風が吹き下ろしてくる度に、
たくさんの木の葉が舞い落ちて、吹き溜まりに集まっていきます。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

ヒナウチワカエデ [雛団扇楓]

二期の森では紅葉が見ごろです。
本館や東館周辺では赤く染まったイロハモミジやドウダンツツジの朱色がよく映えます。

森の中では野生の樹木、特に日本ではカエデ科の多くの種が自生しているためか、
様々な色合いの紅葉を楽しむことができます。

写真はヒナウチワカエデの紅葉。
うっすらと色付く様子は、また趣があります。

二期の森では樹皮が黒っぽいものが多いため、
青空と乱立する黒っぽい木々と、紅葉した木の葉は非常に絵になります。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

雨と紅葉

今日はあいにくの雨でした。
散った紅葉が石の上に落ちていました。

これはこれで美しいですね。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ハキダメギク [掃き溜め菊]

キッチンガーデンほか、道端などでよく見かける小さい花です。
この花は「ハキダメギク」。なんとも気の毒な名前がつけられています。

もともとは中央アメリカ原産の外来植物で、
命名者の牧野富太郎博士が、日本で最初に
世田谷の掃き溜めで見つけたのが名前の由来です。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ナツツバキ [夏椿]

ナツツバキは紅葉の中でも早めに始まったので、
現在では葉はほとんど落ちてしまいました。

最近は樹皮が剥がれる時期で、
森のいたるところで皮がめくれ上がっているナツツバキが多数見られます。

このように毎年樹皮の一部が剥がれていくために、樹皮がまだら模様になって美しく、
昔は床柱などに利用されていました。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

紅葉とファルコン

今日はぽかぽか陽気で風も穏やかだったので、ファルコンと紅葉の森を散歩しにいきました。
写真は本館ラ・ブリーズ前の川沿いにあるコハウチワカエデです。

現在は全体が黄色ですが、この先どんどん赤く変わってきます。

美しい紅葉に、ファルコンも見とれていました。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

メグスリノキ [目薬の木]

キッチンガーデンのイチジク畑の奥で、メグスリノキが紅葉中です。
意外ですが、このメグスリノキもカエデの仲間です。

名前のとおり、樹皮を煎じたもので目を洗ったり服用したりすると眼病に効果があります。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

フッキソウ [富貴草]

本館のお部屋「撫子」の前で
ヤブコウジに続き、フッキソウの実もなりました。
純白で丸くて、まるで真珠のようです。

よく茂る常緑の葉に、真珠のような実をつけ、
まさに「富貴草」の名にふさわしいです。

表面に、二本小さな出っ張りがありますが、こちらは柱頭の跡です。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ダイモンジソウ [大文字草]

本館から東館に向かう道の脇にひっそりとダイモンジソウが咲いています。
5枚の花びらの二枚だけが長いため、花全体の形がちょうど「大」の字のようになります。

朝晩の冷え込みが厳しくなり、周りの木々の葉は紅葉して次々散っていく中、
がんばって花を咲かせています。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ヤブコウジ [薮柑子]

本館のお部屋「撫子」の前で、ヤブコウジの赤い実がなり始めました。
背丈が低いので草のように思えますが、れっきとした常緑の木です。

江戸時代にはヤブコウジの珍しい品種が高値で取引され、
一鉢で家一軒が立てられるほどにもなったそうです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

シラキ [白木]

本館から東館まで向かう橋の上で、シラキの淡い紅葉が美しいです。
近くには、ドウダンツツジやイロハモミジの真っ赤で鮮やかな紅葉が見られますが、
このシラキのような、淡い感じの色合いも良いものです。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ムササビの穴

本館 管理室下の桜の木にあるキツツキの古巣、
ときどきムササビが出たり入ったりしていますが、今朝は木の皮がだらしなくぶら下がっていました。
おそらくムササビが持ち帰ってきたものだと思います。

以前もしっぽがだらりと垂れさがっていたので、二期の森に棲むムササビはあまり頓着しないようです。
ムササビは主に草食なので、木の芽や木の実などをリスみたいに食べています。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明


 

本館の紅葉

本館ではモミジの紅葉が美しくなりました。

森のコンシェルジュ 舘田 貴明

イタヤカエデ [板谷楓]

itayakaedeA8.jpg

 

itayakaedeA6.jpg

森の中でちらほら生えており、立床石付近には大木が2本あります。
こちらもオーソドックスなカエデとは少し違った形のカエデです。

イタヤカエデは総称で、その中で亜種、変種がたくさんあり、分類が大変難しいです。
二期倶楽部の敷地内でも、いろいろなパターンの葉が見られます。

市販のメープルシロップはサトウカエデの樹液からできていますが、
このイタヤカエデからも甘い樹液が採取できます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

カジカエデ [梶楓]

kajikaedeA4.jpg

 

カジカエデの紅葉もだいぶ進んできました。
カエデの中でも、イロハモミジやオオモミジなど、
スタンダードなカエデの葉とは違った雰囲気ですが、れっきとしたカエデの仲間です。

カジノキの葉に似ているためカジカエデ。カナダの国旗の真ん中にあるサトウカエデにも似ています。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

オオモミジ [大紅葉]

oomomijiA8.jpg

 

森の日当たりのよいところでは、
オオモミジの紅葉が赤~橙~黄色~緑と、美しいグラデーションになってきました。

建物周辺よりも、森の中でよく見られます。
イロハモミジよりも、切れ込み(裂片)の数が多く、葉の周りのギザギザの部分が細かいのが特徴です。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

コハウチワカエデ [小葉団扇楓]

 

東館周辺の森の中や、本館付近の川のそばなどで見られるカエデの仲間です。
木切れ込みの数がイロハモミジよりも多めで、葉の雰囲気が天狗の団扇のようです。

日光の山奥などでは、本物の団扇サイズの大きな葉をもつハウチワカエデ[葉団扇楓]が見られます。
同じように団扇のような形をしていて、葉の質が薄めのヒナウチワカエデ[雛団扇楓]も二期の森で見られます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

イロハモミジ[伊呂波紅葉]

irohamomijiA10.JPG

 

本館、東館周辺のイロハモミジが真っ赤に紅葉しています。
切れ込みの入った葉のそれぞれの裂片を
「い、ろ、は、に、ほ、へ、と」と数えたことからこの名があります。

別名はイロハカエデ。

今でこそカエデもモミ ジも同じように使われていますが、
それぞれ語源が違います。カエデはもともと「カエルデ」。
本種のような蛙の手のような切れ込みを持つ仲間をそう呼んでいました。

モミジは「揉み出ず」で、もとは秋に色が変わる葉は皆モミジでしたが、
その中でもカエデの紅葉が群を抜いて美しいので、カエデ=モミジになりました。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

メギ [目木]

クリタケ同じく、キッチンガーデンの隣の林の中で、メギの赤い実が熟していました。
枝を乾燥させたものが生薬で、小蘗(しょうはく)と呼ばれます。
これを煎じた液で目を洗うと眼病が治ることから「メギ(目木)」という名がついています。

また、枝に鋭いトゲがあるので、コトリトマラズの別名もあります。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ソヨゴ [冬青]

「冬青」の漢字表記の通り、常緑の木です。
「ソヨゴ」呼び名の語源は、葉が風にそよそよ揺れるから。
赤い実に常緑の葉を持つので、雪が積もればクリスマスカラーになります。

二期倶楽部の敷地にところどころありますので、ぜひ探してみてください。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳

ミツマタ [三椏]

東館のサンクスガーデン周辺で、ミツマタの花のつぼみが出来始めました。
今はまだ葉がついていますが、冬になれば落葉してしまいます。

ミツマタの花が咲くのは半年後、来年の4月中旬です。
それまでは細かい毛に包まれた蜂の巣状の冬芽の姿で、那須の厳しい寒さを耐えます。

森のコンシェルジュ 阿久津 瞳