Archive

October 2009

二期の森 10月

おだやかな季節を名残惜しむように、森の木々が美しく燃え上がりました。

リンドウにセンブリ、ウド、ツワブキ、ダイモンジソウと、秋に咲く花たちがせわしなく
咲き始める10月も後半に入ると、木々の紅葉が目立つようになってきます。

 

senburi43.JPGのサムネール画像

 

 [センブリ]

 

seitaka awadachiso21.JPG

[セイタカアワダチソウ]

 

kinmokusei5.JPG

[キンモクセイ]


また、たくさんの植物たちが、たくさんの形の種を付けるのもこの季節です。

 

 

 

[ニシキギ]

 

mamushigusa32.JPG

[マムシグサ]  

gamazumi32.JPG

[ガマズミ] 

 

 そして10月の後半には、本館、東館から紅葉がはじまり、
少し遅れて森の中の紅葉が見ごろを迎えます。

 

aohada22.JPG

[アオハダ]

yamamomiji139.JPG

yamamomiji148.JPG

[ヤマモミジ]

 

10月の下旬から11月上旬までは、あちこちで紅葉を楽しむことができます。
そして11月は厚く重なった、やわらかな落ち葉を踏みしめて、
静かな森の中をゆったりと散策することができます。 

 

momiji to nishikigi.JPG

[ヤマモミジとニシキギ] 10/30 二期の森

 

森のコンシェルジュ 

 

ニシキギ [錦木]

暖かな陽射しの中で、ニシキギの紅葉が美しく広がっています。

根元から樹木を見上げると、やたらと青空が透けているのがよく分かると思います。
やがて幾日か経つと、木々の葉は残らず落ちてしまいます。

足元には、まるで花びらのような薄紅色の葉がたくさん落ちていました。
 
 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

紅葉

朝晩の冷え込みと暖かな天気に恵まれ、紅葉が見ごろを迎えてきました。

 

vR0018624.JPG

[本館周辺]

 鮮やかな緑色だった木々の葉は約1ヶ月かけて、じっくりと色が変わってきます。

 

itayakaede.JPG

[イタヤカエデ]

 

R0018606.JPG

[イロハモミジ]

 

日当たりの良い本館、東館周辺が先に色付き、
少し遅れて森の中の紅葉がはじまります。

 

 木々の彩りを気ままに眺め、落ち葉踏みしめ歩く静かな散策路、
二期の森は少しだけ贅沢な空間になります。

 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

 

 

 

ダイモンジソウ [大文字草]

5枚ある花びらのうち、下の方の2枚が長いので
漢字の『大』という字に見立てて、ダイモンジソウです。

二期の敷地内のものは、何故か1枚だけ花弁が長くなってしまっていました。
これでは「大文字」とはいえません。しかも揃いも揃って...。

 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

ツチアケビ [土木通]

森の中で変わった形の実を見つけました。
こちらはツチアケビの実です。

ツチアケビはラン科の植物で、植物なのに葉っぱを持っていません。
栄養は光合成を行う代わりに、すべてナラタケというキノコの菌に依存しています。

アケビの実に似ているので、ツチアケビと名付けられていますが
この実はぱっくりと裂けることはありません。
また、残念ながらアケビのように美味しく食べることもできません。
 
 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

リンドウ [竜胆]

秋に咲く花々は小さくまとまり、なんとなく控えめな印象があります。

リンドウの花もちんまりとしています。しかし、ひとつひとつの花はしっかりと
上を向き、日中の陽が差しているときのみ花開き、静かに主張しています。

漢字では[竜胆]となります。これは生薬の「りゅうたん」からきています。
リンドウは健胃薬としての効果がありますが、その苦味も強烈です。
苦さが有名な熊の胆よりも苦いのでは、ということで
熊よりも強い[竜]の文字をあてられてしまいました。

やはり小さな花たちも、見かけにはよらないようです。

 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

ウド [独活]

冷たい雨に降られながら、ウドの小さな花が無数に咲いていました。

山菜特有の青臭く、さわやかな香りが、ほのかに漂います。
 
 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

コムラサキ [小紫]

紫の美しい果実をたくさん実らせているのはコムラサキです。

よくムラサキシキブという名前でまとめて呼ばれていますが、
こちらはそのムラサキシキブと同じ属(仲間)になり、
特に規則正しく実をつけるのが特徴的です。
庭木に使われているムラサキシキブのほとんどは、
実はこのコムラサキになります。

正確に分類することも大切ですが、やはりその自然の魅せる
様々な情景を楽しめる感性が大事ですよね。
 
 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

オオバショウマ [大葉升麻]

大きな葉っぱから飛び出すブラシのようなものは
オオバショウマの花です。

紅葉も間近に迫った二期の森では、季節の最後に咲く花々を
見つけられるようになりました。

 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明

ウメモドキ [梅擬]

赤い実がよく映えるのは、ウメモドキの実です。
このまま落葉しても、実は残っているのでよく目立ちます。

名前から梅に似ていると想像してしまいますが、
似ているのは実ではなく、葉っぱの形からのようです。

秋も深まる二期の森では、あちこちでいろんな実を見つけることができます。


 
森のコンシェルジュ
舘田 貴明